生命保険探索について

生命保険の仕組みから選び方までさくっと紹介します。

生命保険の基礎知識

生命保険には、「定期保険」「終身保険」「養老保険」の3種類の基本形があり、保険金の種類として、死亡時や高度障害となった場合に保険金が支払われる「死亡保障」と保険をかけてから一定期間が経過して満期となった時点で生存している場合に保険金が支払われる生存給付の2種類があります。
定期保険は、保険を契約してから満期となる期間があらかじめ定められており、期間内に死亡した場合に保険金が支払われる、死亡保障のみで、満期で保障は終了します。保険期間が短い分保険料も安くなっています。終身保険は、死亡保障期間が一生涯続く無期限の保険で、保険期間が長くなる分保険料は割高となります。養老保険は、定期保険と終身保険を組み合わせたもので、保険契約から満期となる間に死亡した場合に保険金が支払われる死亡保障と、満期時に生存していた場合に死亡保障と同額の生存給付が支払われる、生存給付がセットとなった保険で、死亡時および満期時に保険金が支払われるので保険料は一番高くなります。
また、一般的に生命保険とう場合には、死亡保険をさしますが、大きな病気や怪我をした際の治療費や入院費などに備えた保険として医療保険などもあり、医療保険を含めた形の広い意味で生命保険として扱われる場合もあります。

次の記事を読む

参照サイト(外部リンク)

生命保険の口コミ|クチコミの王様・・・生命保険を選ぶ際に役立つ口コミ情報を知ることができるサイトです。

仲良くしているHP

注目の記事

保険料の仕組み

記事を読む

ネット系生保てどうなの

記事を読む

賢い生命保険選び

記事を読む